女性ホルモンが増加する?ツボ押しの方法

女性ホルモンが減少していると、疲れやすくなり体の不調を感じているという方も多いかもしれませんが、マッサージを行うことで女性ホルモンは増やすことができますから、気になる方はぜひセルフマッサージしてみましょう。

床に座った状態で、胸の間にあるツボを、両手の親指で指圧しつつ5秒ほど息を吐くという動作を5回繰り返し行いましょう。

片足をもう片方の足に乗せたら、上側の足の膝内側にある凹みから指3本ほど上の部分を、3秒ほど強めに押したり離したりというマッサージを3分間行いましょう。

片膝を立てたら、立てた足の内踝から指4本ほど上にある箇所を、親指でゆっくりと5回ほど指圧していきましょう。

このマッサージを継続的に実践することにより、疲労解消や女性らしい体を作るという効果が得られますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です