手術推奨レベルの腰痛は骨盤マッサージで治る可能性がある

腰痛の主な原因は椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などといわれていますが、それらの手術をしても治らない可能性があるといいます。
手術をしてもなお習い方もいるなかで、放置していても治る患者さんもいらっしゃるといいます。

では腰痛の原因は何なのかといますと、こちらのお医者様がおっしゃるには仙腸関節にあるとおっしゃっています。

仙腸関節は2ミリ程度わずかに動くことで骨や筋肉にかかる衝撃を吸収しています。転んだり、疲れがたまったりしてしまいますと仙腸関節がねじれて痛みや痺れが発生してしまうようです。
こちらのクリニックの患者さんの90%が仙腸関節から来る腰痛のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です